読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャオニクスな日々

夫婦でポケカやっています

アローラコンストラクションZ 環境分析

いよいよ明日は新弾発売ですね。今週日曜に開かれるサンムーン環境限定構築大会、アローラコンストラクションZ環境分析をしてみたいと思います。

 
▼前環境のおさらい
 
アロコン第1回はこんな環境でした。
 
○カードプール
・SM1
・SM1+
・プレミアムトレーナーボックス
 
○環境
・高HP中打点環境
・グッズロックが無い
 
○戦い方
A.何らかの形で高打点を作りワンパンにする
B.回復や軽減で確定数をズラす
 
○有効なアーキタイプ
 
HP250近いGXポケモンがうようよする一方、ボルケニオンや白レック不在により火力は120程度が基本です。そのためソルガレオGXを除き、2パン環境となっていました。
 
そのため優位に立つには、無理くり打点を上げてワンパン出来る範囲を広げるか、回復等で確定数を下げることが必要です。
 
前回優勝のラランテスgx+ラランテスは、この2つの戦い方を同時に実行できます。小ラランテスやこだわりハチマキで打点をあげつつ、ソーラーブレードで回復という、ほぼ完成されたアーキタイプでした。特に優者したアースさんは、ククイ博士を4投し、ソーラーブレードの打点を210にまで上げられるよう工夫していました。
 
▼今回の環境
 
○環境の変化
・高HP中打点は変わらない
・ただし160打点前後のポケモンが増えた(バクガメスgx、キュウコンgx、グソクムシャ)ため、210-220打点を作りやすくなった
→HP220以下のGXは採用リスクが上昇
・グッズ破壊手段が出来て、まわしが取れるようになった
→実質HPの低下
 
○戦い方の変化
・打点を上げてワンパン、の有効性が上がった
 
SM2が加わっても、環境のメジャーアップデートは無いと考えられます。ただし、バクガメスgxやキュウコンgxといった160打点のポケモンが増えたことで、やや打点が上がり気味です。加えてグッズ破壊手段が出来たことで、これまで剥がせなかった闘魂のまわしが壊せるようになり、実質HPが下がっています。
 
こうした変化を踏まえると、打点を上げてワンパンを狙う戦い方の有効性が増しています。特にバクガメスgx、グソクムシャは小ラランテスで打点を上げられるため、注目です。
 
○有効なアーキタイプ
 
個人的にイチオシのアーキタイプです。ハチマキやラランテスククイ博士などでグソクムシャの打点を220まで上げ、サイドの1:2交換を狙います。サブアタにバクガメスgxを入れても面白そうです。ルナアーラデッキへの回答としては無防備なテテフやエーフィgxを潰す形で逃げようかと。
 
目立った強化はなさそうですが、前回大会時点ですでに完成度が高く引き続き強力です。ただバクガメスgxがニコタマで動くためピン刺しされてる可能性もあり、盤石ではなくなりました。
 
高打点ポケモンがほぼいない環境は変わらないため依然強力です。加えてカプテテフgxにより事故り辛くなり、かつgx技でさらに2パン環境下での安定感が増しました。
 
ただテテフは諸刃の刃です。常に2パンゲーを強いてきたルナアーラデッキにとって、HP170のテテフは大きな穴と言えます。まわしバクガメスgxの下技1発で吹き飛ぶわけで、環境が160打点に移行した場合、テテフ狩りにより負けるケースも増えるでしょう。 
 
4.カプコケコgx+カプコケコ
トランスまんたんが強いならば、当然エアロトレイルまんたんも強いわけです。AZ的なものがあると良かったんですが。
 
ハチマキ+ククイラランテスgxを落とせます。またアクアパッチのおかげで連発出来るので、後続にも圧力をかけられます。ただマナフィ不在のためラプラスGXが使い辛く、相棒に何を当てるか難しいところです。
 
▼まとめ
今のところの情報だと、個人的には1進化・ニコタマ込みの3エネで150出せる・非GXのグソクムシャで縦の突破が強そうだと見ています。まだ公開されていないカードもたくさんあるのでわかりませんが、とりあえず発売前日の予想でした!