読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャオニクスな日々

夫婦でポケカやっています

アローラコンストラクションに出てみたよ

ポケカの限定構築大会(公認自主大会)アローラコンストラクションに出て来ました。

taiatari.net

うちは夫婦でポケカをやっているので、夫婦揃って参加して来ました。

 

▼参加した理由

昔々mtgやってたころもブロック限定構築は結構好きでした。カードプールが少ない分手軽にデッキ組めるし、なんせカードゲームの友達が3~4人とかだったのでアーキタイプの少ない限定構築の方が楽だったわけです。

翻ってポケカの現状を見ると、SMシリーズが出たにも関わらずスタン環境が白い竜が舞っていたり青いカエルがブルブルしながらパンチしていたりであまり新鮮味が……ルナソルの活躍の場はどこへ……と感じていたので、Twitterで告知を見た瞬間参加決定。

 

環境分析

使用可能なカード一覧は主催トイさんのページを参照。

まずカードプール見て思ったのは、レックウザもよるのこうしんもいない一方、gxはもりもりいるので基本2パン勝負だということでした。かつグッズロックもないため、事故なく安定して中打点を出せるデッキが良いと。

◯Tier1

それを踏まえた上でTier1として考えたのは

・ラランテスgx+ラランテス

ルナアーラgx+ルナアーラ(+α)

ケンタロスgx

でした。1/27の新弾で出た小ラランテスは、器用ながら打点不足だったラランテスgxの強力な援軍となりました。小ラランテス2体立ててこだわりハチマキつけるとケンタロスgxが落とせる(ただしまわしなし)。これは強い。

一方ルナアーラ系も序盤さえしのげれば、2パン勝負な環境なのでトランスまんたん言ってれば勝つわけです。特に新弾の小ルナアーラがヤバく、上技は残りサイド2とかだと240とか280とか出してきます。問題は序盤を何で凌ぐかですが、2パン勝負にはめっぽう強いケンタロスか、後手1で確定こんらん30ダメHP200という意味分かんない性能を持つエーフィが候補かなと(なお実際には同じく後手1で確定こんらん30出せるパッチールを使っていた方もいました)

◯Tier2

・ジュナイパーgx+ケンタロスgx

・ルガルガンgx

ブラッキーgx+ナマコブシ

実は最初に試したのがジュナイパー+ラランテスだったんですが、あまりに事故りやすいので破棄。ラランテス系統を抜いてケンタロスgxを壁にするタイプにしたところどうにか回りました。まわしケンタロスがラランテスに強く出れるので、ラランテスメタとしては悪く無いと感じました。ただ打点が伸びないのと、ニコタマ依存度が高く改造ハンマーやジジーロンに弱い点が気になりTier2。

ルガルガンは、この環境にエネの回収手段がないため、悪く無いと思ったのですが、ラランテスに当たった瞬間に死亡するのでTier1ではないかなと。

ブラッキーは単騎性能はラランテスに匹敵する強さだと思っていたんですが、ナマコブシがジュナイパーと当たった瞬間に出せなくなることが分かり、一段下げました。

まとめると、

 

・草はラランテス軸、ジュナイパー軸の2系統いる

・2パン環境につきまわしケンタロス強し

・ただしケンタロスの後ろに立たせる相棒がジュナイパーくらいしかいなそう

という感じでした。

 

▼実際に使ったデッキ

上記を踏まえて少し調整してみましたが、

・ラランテスはルナアーラに弱い(後半打点が上がらない)

ルナアーラに絶対的に強いデッキがない

ということで妻のデッキはルナアーラに決定しました。相棒はエーフィにして、困ったらとりあえずこんらんにして運ゲーに持ち込む感じで。

……たいがいそうなんですが、いつも妻のデッキは最初に決まるんです。安定して強そうなのを彼女に供給するので。

僕の候補

・草に強く出れる

・エネ回収手段がないことを見越して増えるはずのエネ破壊に強い

ということでガオガエンgx+オドリドリ(メラメラスタイル)になりました。皆さんボルケニオンばっかりでガオガエンなんかテキストすら見てない方も多いでしょうが、ガオガエンgxの上技は1エネで110出るんですよ!ハチマキ付いたらジュナイパーも1パン! 強い! しかもオドリドリの上技でベンチに炎ポケ3枚出せるので、オドリドリスタートすると結構速い。あとはピピマで加速して殴る殴る。

調整途中で相手のケンタロスgxスタートが結構厳しいことに気づきましたが、まあ後ろはほぼジュナイパーだろうと勝手に決めていざ大会参加。

 

▼実際の結果

スイスドロー1回戦

僕:vs.ブラッキーgx+ケンタロスgx+α ✕ 2-6

妻:vs.ソルガレオgx+レックウザ ✕ ?

……ふたりとも初戦からメタ外のデッキを引きました。僕の方は相手が初手にケンタロスニコタマ3枚というスタートながら、こちらもこちらでサポなしオドリドリスタート。ケンタロスgxはそもそも後ろのジュナイパーフラダリしてかわすつもりだったので、ブラッキーは無理。結局ケンタロスの始末に手こずり負け。

妻はソルガレオgxにルナアーラgxワンパンされて負けとのこと。いるとは思わなかったよなあ~恐らく2デッキとも会場内では採用者1名だった気がします。

会場みてみるとやはりラランテス多し。いやーどっちか引いても良かったと思うんだけどなあーと思いつつ2回戦。

 

スイスドロー2回戦

僕:vs.ジュナイパgxー+ラランテスgx ◯5-0

妻:vs.クロバット+ドヒドイデ ✕ ?

僕はニャビースタート。対して相手のスタートは……モクロー

 

アローラ!!

いいですね。サンムン限定構築っぽい。実際のゲームの始めて5分のアレっぽい。逆だったら冗談じゃないけど。

2ターン目にアメからガオガエンgxが立ち、そのまま草タイプを燃やし続けて勝ち。

妻はまたも会場に1人しかいなかったであろうクロバット使いにエーフィワンパンされて負け。そして僕が勝った少年のお父様でした。親子vs.夫婦。

スイスドロー3回戦

僕:vs.ルナアーラgx+エーフィgx ✕1-6 

妻:vs.アシレーヌ(レンタルデッキ) ◯ ?

なんと僕の方はほぼ妻のデッキと同じタイプ。勝ち方は分かってますし、負け方も分かってます。まんたん持ってそうなタイミングでN打てばいいんでしょ?うんうん。逆にトランスまんたん言われたら負け。

……実際は相手が後手1エーフィからの確定こんらん、すぐにgxが立ち、トランスまんたんも2回言われて負け。無理や。なお相手の方は最後3位でした。おめでとうございます!

 

▼結果

◯ベスト8の入賞デッキ

ルナアーラ系3人

・ラランテス系2人

・ジュナイパー系1人

・その他2人

◯優勝~3位

・優勝:ラランテスgx+ラランテス+オニシズクモ

・2位:ルナアーラgx+ルナアーラ+α

・3位:ルナアーラgx+ルナアーラ+エーフィgx

 

ということで結果的には順当にルナアーラ系とラランテス系が多く残りました。ただ決勝は相性がいいはずのルナアーラがラランテスに負け。優勝したアースさんのデッキを見ると、ククイ博士4投でした。確かにここまでやると、ハチマキつけてクロロサイズgxでルナアーラgxを落とせる確率が上がります。

そして何より震撼したのがオニシズクモでした。オニシズクモラインは2-2で入っており、彼は4枚(正確に言うとヒドイデもいたので5枚)無駄なカードを抱えながら優勝したのです。すご。実は試合の合間に彼のデッキをチラッと見ており、その時オニシズクモが見えてその後ずっと震えていました。なおガオガエンは僕以外にもう1人いました(要は2人だけだった)。

 

▼ありがとうございました!

主催のトイさんイラクサさんありがとうございました! 夫婦ともども楽しめました。なおサイドイベントのバトルロイヤル(サイド3枚の4人対戦)は爆笑の嵐でした。あれもっかいやりたい。だって初手で1番手のプレイヤーがN打つと他の3人何もしてないのに手札3枚になるんですよ? そしてNの打ち合いからのヤレユータンが強い強い。裏MVPはヤレユータンです。ちなみに僕はサイドデッキで持っていったジュナイパーgx+ケンタロスが1回火を吹いて、「サイドもう3枚あっても勝ってたでしょ」と言われる引きをしました。Nでハンド1枚になってからのサーチャプラターヌありがとうございました。多分この日の運はここのために取っておかれていた気がする。